伊吹山登山日記15|目処が立つ

伊吹山登山日記

目処が立つ

顔彩・色鉛筆

疲れが出ていたから小まめに休憩をとる。
休憩のとき、お友達がてんとう虫をみつけた。
生きてる何かに出会えると嬉しい。

私は登山初心者で、お友達は登山経験者だけど
お互い伊吹山は初めて登るから
頂上までの距離感が掴めないでいた。

本当にたどり着けるのだろうかと思いながら
地図を片手にまだまだ遠くの頂上を眺めていた私たちに
下山してきた年配のご夫婦が声をかけてくれた。

「7合目まで行けばもうすぐだから」
「頂上まであと30分くらい」と。

その言葉に俄然やる気が湧いて
私たちはまた歩き始めた。