伊吹山登山日記11|伊吹山は3合目までがきつい

伊吹山登山日記

伊吹山は3合目までがきつい

顔彩・色鉛筆

伊吹山は3合目までがきついと聞いた。
ゆっくり時間をかけて進むようアドバイスをもらっていた。

その意味を山に来てやっと知る。

山登りってジグザグした道を登って行けば頂上に着くものだと思い込んでいた。
実際は坂を登っていく事だった。(当然か)
そして平らな道なんてなかった。

1合目は森の中の石や岩がゴロゴロしている道を登った。
傾斜のある歩きにくい道だった。
ここを過ぎれば平らな道を歩けるのかなぁと思いながら登った。